活動報告

ジュニアエコノミーカレッジ 販売実践

 11月23日(金)、エキマチ広場にてジュニアエコノミーカレッジinしものせき販売実践が開催されました。

 

ジュニエコ販売実践 (1).jpg

 

 

 8月のドリームセミナー、9月のアクティブセミナーを経て子供たちが数ヶ月間にわたり自分たちで考えた店舗を構え、自分たちで企画・開発した商品を販売しました。

  YEGメンバーは見守り隊として保護者の皆様と一緒に子供たちの安全確保の立場ですので、お店のお手伝いは出来ません。

 

ジュニエコ販売実践 (2).jpg ジュニエコ販売実践 (3).jpg

 

ジュニエコ販売実践 (4).jpg

みんな開店準備で必死です!

 

 

 それでは店舗紹介を!

 

 

 まずは男子だらけの勝山小学校チーム『少年 株式会社』

 

ジュニエコ販売実践 (5).jpg


 販売商品は下関産のお米、フランクフルト、 射的ゲームです。

 下関産のお米は豊北町で作られた新米が1kgで350円という破格で販売されました。生産者から安く仕入れができる特典を活かした商品です。

 フランクフルトは注文を受けてから作るので、できたてをご提供できます。売れ行きは好調で少年株式会社のメンバーは忙しくしていました。

 射的は特に小さな子供に大人気でした。店頭に景品が並べられていることでお客さんの目を引きます。

 

ジュニエコ販売実践 (7).jpg ジュニエコ販売実践 (8).jpg

 

ジュニエコ販売実践 (6).jpg

お米は生産者のお孫さんでもある井上君自ら売り歩く行動力!!

 

 

 続いては名池小学校チームの『株式会社 名池ファイブ』

 

ジュニエコ販売実践 (9).jpg

 

 販売商品は、ほっこりふくスープ、三好屋クッキー、プリントふくふクッキーです。

 ふくの商品にこだわった名池ファイブ。

 スープは大きなふくの身のほかに、じゃがいも・にんじん・たまねぎ・しめじ・ベーコンが入った具だくさんな内容です。ベースの味をコンソメにしたところがポイント。

 2種類のクッキーは、ひとつは三好屋の大きなクッキーです。一面に大きくふくが描かれていて枚数を限定したプレミア商品です。もう一方のプリントクッキーは、名池ファイブオリジナルのデザインを表面に印刷していて、こちらもふくの絵と社名まで入ったクッキーです。

 

ジュニエコ販売実践 (11).jpg ジュニエコ販売実践 (10).jpg

 

ジュニエコ販売実践 (12).jpg

男子はスープ、女子はクッキーを店頭販売とチームワーク抜群!

 

 

 最後に紹介するのは豊浦小学校チームの『株式会社 きぶん屋』

 

ジュニエコ販売実践 (13).jpg

 

 販売商品は、開運おしるこ、手作りスライムです。

 こちらの店舗では商品を買う前にくじを引き、当たれば半額になるという遊び心も取り入れております。

 開運おしるこはお餅と別に下関の銘菓『縁起焼』が入っています。またお水は『あぁ!関露水』のみを使用した贅沢な一品です。当日は気温が低かったので温かくて甘いおしるこの販売は大正解でした。

 手作りスライムは完成品と作る体験コーナーがあり、子供たちにはとても人気の商品です。スライムの材料は洗濯のりを使っているので、もし服に付いても洗い流すことができ安全です。

 

ジュニエコ販売実践 (14).jpg ジュニエコ販売実践 (15).jpg

 

ジュニエコ販売実践 (16).jpg

きぶん屋メンバーは率先的に店舗外での営業をしていましたよ!

 

 

 オータムフェスで賑わうエキマチ広場は大勢の人の行き来があり、子供たちのお店に興味を持って立ち寄ってくれるお客さんもたくさんいました。

 

ジュニエコ販売実践 (20).jpg

 

ジュニエコ販売実践 (17).jpg ジュニエコ販売実践 (18).jpg ジュニエコ販売実践 (19).jpg

 

 

 その結果なんと各店舗で『完売』の文字が・・・    

 それにも満足せず、子供たちは閉店時間ギリギリまで販売。最後は値引きのサービスも!

 みんな時間いっぱい全力で売り切りました。そして各店舗売上を精算。

 

ジュニエコ販売実践 (21).jpg

 

ジュニエコ販売実践 (22).jpg

 

ジュニエコ販売実践 (23).jpg

 

 

 この結果は12月2日に行われる『まとめセミナー』にて決算報告を行います。

 気温が低く風も強い中、YEGメンバー、保護者の皆様、そしてなにより子供たちが本当に一生懸命頑張った一日でした。

 

 

ジュニエコ販売実践 (24).jpg

皆さん、本当にお疲れ様でした!!

 

 

記事執筆:三島 秀昭会員

平成30年度 活動報告   2018/11/25   広報委員会